ページ設定ダイアログを開く : Excel(エクセル)

ページ設定ダイアログをExcel VBAで表示させる方法です。
Excelのページ設定ダイアログは「ページ」「余白」「ヘッダー/フッター」「シート」の設定ができます。
設定できる内容

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





Excel実行画面

印刷する表の上部に「ページ設定」ボタンを設置しています。
このボタンをクリックすると、ページ設定ダイアログが開きます。
印刷設定するExcelシート

表示されたページ設定ダイアログです。
ページ設定ダイアログ画面

OKボタンがクリックされると「OKボタンが押されました」と表示されます。
OKメッセージ

キャンセルボタンがクリックされると「キャンセルボタンが押されました」と表示されます。
キャンセルメッセージ

スポンサーリンク



Excel VBAコード


Dialogsプロパティの引数に、xlDialogPageSetup定数を指定し、Showメソッドを実行しています。
「キャンセル」ボタンが押された場合、Falseが戻ります。「OK」ボタンが押された場合、Trueが戻ります。

Private Sub CommandButton1_Click()
    Dim bRet As Boolean
    
    'ページ設定ダイアログを開く
    bRet = Application.Dialogs(xlDialogPageSetup).Show
    If bRet = False Then
        MsgBox "キャンセルボタンが押されました"
    Else
        MsgBox "OKボタンが押されました"
    End If
End Sub


[関連リンク]
印刷ダイアログボックスを表示する
引数を設定し印刷ダイアログボックスを表示する




Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved