LCM 最小公倍数を求めるExcel関数

LCM関数とは、指定した引数の最小公倍数を求める関数です。
最小公倍数とは、引数に指定した整数に共通する倍数の中で、最も小さい倍数のことです。

構文: LCM(数値 1, [数値 2], ...)
数値 1, [数値 2], .. - 数値 1は必須です。数値を指定することも、セル範囲を指定することもできます。
1 〜 255 個まで指定できます。整数以外の場合、小数点以下は切り捨てられます。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサードリンク



実行画面

B列 - B4を指定
C列 - C4:C5を指定
D列 - D4:D6を指定
E列 - E4:E7を指定
LCM関数の使用例サンプル

スポンサードリンク



入力されてる、LCM関数を数式表示させたシート
LCMエクセル関数


[関連リンク]
最大値を取得する (SUBTOTAL 、 MAX)
最小値を取得する (SUBTOTAL 、 MIN)
最大公約数 (GCD)


スポンサードリンク





Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


関連コンテンツ

Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved