ERROR.TYPE エラーに対応する数値を取得するExcel関数

ERROR.TYPE関数とは、エラーの種類を調べ、そのエラーに対応する数値を求めます。

構文: ERROR.TYPE(エラー値)
エラー値 - (必須) 求めるエラー値を指定します。

■ エラーに対応する数値

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





実行画面

B列 : エラー値
C列 : ERROR.TYPE関数

3行目 - #NULL!エラー
4行目 - #DIV/0!エラー
5行目 - #VALUE!エラー
6行目 - #REF!エラー
7行目 - #NAME?エラー
8行目 - #NUM!エラー
9行目 - #N/Aエラー
ERROR.TYPEの使用例サンプル

スポンサーリンク



入力されてる、ERROR.TYPE関数を数式表示させたシート
ERROR.TYPEエクセル関数




Excel Tipsメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved