アプリケーションのイベント : Excel(エクセル)

アプリケーションレベルのExcel VBAのイベントです。
グラフのイベントと同様に、クラスモジュールを作成する必要があります。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






アプリケーションのイベント一覧

Excel VBAでイベントの使用手順

1) メニューの挿入「クラスモジュール」をクリックします
VBE画面でクラスモジュールを挿入

3) クラスモジュール内に下記のコードを入力します
'イベント用の変数
Public WithEvents appevents As Application
クラスにコードを入力

スポンサーリンク



4) MyGraphObjectが作成され、イベントが選択できるようになります
ここでは、WorkbookBeforePrintイベントを作成しました

'WorkbookBeforePrintイベント
Private Sub appevents_WorkbookBeforePrint(ByVal Wb As Workbook, Cancel As Boolean)
MsgBox "印刷が開始されます"
End Sub
標準モジュールにイベントコードを入力

5) 標準モジュールに、Class1と関連付けるコードを入力します

'Class1のオブジェクト
Private MyEvents As New Class1

'関連付ける
Public Sub InitializeEvents()
Set MyEvents.appevents = Application
End Sub

6) 開始前に、InitializeEventsプロシージャーを実行します
これで、印刷開始前のイベントが動作できるようになります

印刷プレビューボタンをクリックすると、イベントが実行され、メッセージボックスが表示されます
印刷直前のイベントをキャッチ

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved