ピボットテーブルにフィールドを追加する : Excel(エクセル)

Excel VBAでピボットテーブルにフィールドを追加するには、AddFields メソッドを使用します。

追加したフィールドを更新するには、Orientationプロパティで、行フィールドにするか列フィールドにするかを設定します。
 行の場合 : Orientation = xlRowField
 列の場合 : Orientation = xlColumnField

表示の順番は、Positionプロパティで指定します。

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





Excel実行画面

データ画面です。
初めに「ピボットテーブル作成」ボタンでピボットテーブルを作成し、「フィールドの追加」ボタンを実行してください。
ピボットテーブルデータ分析ソフト

初めにピボットテーブルを作成した画面
名前で集計したピボットテーブル

日付と名前を追加したピボットテーブル画面
ピボットテーブルで日付と名前の分析ソフト

スポンサーリンク



Excel VBA実行コード

Private Sub CommandButton1_Click()
    'ピボットテーブルのキャッシュ型
    Dim tCache As PivotCache
    
    Worksheets("日別の製造数").Activate
    'ピボットテーブルのキャッシュ作成
    Set tCache = ThisWorkbook.PivotCaches.Create(SourceType:=xlDatabase, SourceData:=Range("A1:C16"))
    
    'ピボットキャッシュから、ピボットテーブルを作成
    tCache.CreatePivotTable TableDestination:=Worksheets("名前で集計").Range("A1"), TableName:="製造数"
    
    '名前の項目を追加
    Worksheets("名前で集計").PivotTables("製造数").AddFields RowFields:="名前"
    
    '製造数を追加
    Worksheets("名前で集計").PivotTables("製造数").PivotFields("製造数").Orientation = xlDataField
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
    Worksheets("名前で集計").Activate
    
    'ピボットテーブル「製造数」に、日付と名前フィールドを追加する
    ActiveSheet.PivotTables("製造数").AddFields Array("日付", "名前")

    '日付を行フィールドにする
    With ActiveSheet.PivotTables("製造数").PivotFields("日付")
        .Orientation = xlRowField
    End With
    
    '名前を列フィールドにする
    With ActiveSheet.PivotTables("製造数").PivotFields("名前")
        .Orientation = xlColumnField
    End With

End Sub

Excel Tipsメニューに戻る




■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved