コピーと貼り付け : Excel(エクセル)

よく使用するコマンドに、カット・コピー・ペースト(貼り付け)がありますが、それをVBAで行うには、カットはCutメソッド、コピーはCopyメソッド、ペーストはPasteメソッドがあります。さらにペーストには、形式を選択して貼り付けに当たる、PasteSpecialがあります。
・Copyメソッド: Rangeオブジェクト.Copy(コピー先Rangeオブジェクト)
 コピー先を省略した場合、クリップボードに保存されます。
・Pasteメソッド:  Worksheet オブジェクト.paste(ペースト先Rangeオブジェクト、Link)
 元データの間にリンクするなら、LinkをTrueにします。既定値はFalseです。
 Pasteメソッドはクリップボードの内容に合うように貼り付け先範囲を調節しますので、
 貼り付け先は、左上端セルを指定してください。
・PasteSpecialメソッド: Rangeオブジェクト.PasteSpecial(Paste, Operation, SkipBlanks, Transpose)
 Paste (省略可能)貼り付ける部分を指定
 Operation (省略可能)貼り付けの演算方法を指定
 SkipBlanks (省略可能)空白のセルを貼り付けの対象にしないようにするには、True を指定。
         既定値は False
 Transpose (省略可能)貼り付けのときにデータの行と列を入れ替えるには、True を指定。
         既定値は False

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





「Paste」の定数
xlPasteAll すべて -4104
xlPasteFormulas 数式 -4123
xlPasteValues -4163
xlPasteFormats 書式 -4122
xlPasteComments コメント -4144
xlDataValidation 入力規則 6
xlPasteAllExceptBorders 罫線を除く全て 7
xlColumnWidths 列幅 8

「Operation」の定数
xlPasteSpecialOperationNone しない -4142
xlPasteSpecialOperationAdd 加算 2
xlPasteSpecialOperationSubtract 減算 3
xlPasteSpecialOperationMultiply 乗算 4
xlPasteSpecialOperationDivide 除算 5

Excel標準モジュールコード

'範囲コピー
Public Sub DoCopy()
    Range("A1:B4").Copy
End Sub

'値のみ貼り付け
Public Sub DoPasteValues()
    Range("D2").PasteSpecial Paste:=xlValues
End Sub

'数式のみ貼り付け
Public Sub DoPasteFormulas()
    Range("D2").PasteSpecial Paste:=xlFormulas
End Sub

'書式のみ貼り付け
Public Sub DoPasteFormats()
    Range("D2").PasteSpecial Paste:=xlFormats
End Sub

'切り取りモード、コピー モード OFF
Public Sub DoCutCopyModeOff()
    Application.CutCopyMode = False
End Sub

スポンサーリンク





実行前

A4にはSUM(A1:A3)の数式が入力されています。
SUM

Excel実行結果

DoCopyから順に行ってみてください。
実行結果

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved