フォント・色・サイズ等の変更 : Excel(エクセル)

フォントは主に下記のような設定が可能です。
・書体の変更
 書式: Font.Name = フォント名
 例: Range("D2").Font.Name = "MS 明朝"
・フォントサイズの変更
 書式: Font.Size = 設定値(整数)
 例: Range("D2").Font.Size = 20
・太字や斜体などの設定
 書式: プロパティ = 設定値(論理値)
 プロパティには下記があります。
  Italic: 斜体
  Strikethrough: 取り消し線
  Subscript: 下付き文字
  Superscript: 上付き文字
  Shadow: 影付き
 例: Range("D2").Font.Bold = True
・下線を引く
 書式: Underline = 線種(定数)
 線種には下記があります。
  xlUnderlineStyleNone: 下線なし
  xlUnderlineStyleSingle: 直線
  xlUnderlineStyleDouble: 二重線
  xlUnderlineStyleSingleAccounting: 直線(会計)
  xlUnderlineStyleDoubleAccounting: 二重線(会計)
 例: Range("D2").Font.Underline = xlUnderlineStyleSingle

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





Excel標準モジュールコード

Public Sub SetFont()
    '太字にする
    ActiveCell.Font.Bold = True
    '斜体にする
    ActiveCell.Font.Italic = True
    '下線を付ける
    ActiveCell.Font.Underline = True
    '文字色を赤色にする
    ActiveCell.Font.Color = RGB(255, 0, 0)
    'フォントを変更する
    ActiveCell.Font.Name = "MS P明朝"
    'サイズを変更する
    ActiveCell.Font.Size = 20

    'セルを指定する場合
    'Range("D2").Font.Size = 20
    '範囲を指定する場合
    'Range("D2:E5").Font.Size = 20
End Sub

スポンサーリンク





実行前

実行前

Excel実行結果


Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク






■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved