ブックを保護する/ブックの保護を解除する : Excel(エクセル)

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





■Excel VBAでブックを保護するには
ブックを保護すると、シートの挿入や削除やウィンドウサイズの変更を抑止できます
構文:
ブックオブジェクト.Protect(Password, Structure, Windows)
使用例:
ActiveWorkbook.Protect Password:="abc", Structure:=True, Windows:=False
Password: パスワードを設定します。省略できます。
Structure: Trueにするとシートの挿入や削除ができなくなります。省略できます。既定値は、False です。
Windows: Trueにするとウィンドウサイズの変更ができなくなります。省略できます。既定値は、False です。

■Excel VBAでブックの保護を解除するには
ブックオブジェクト.Unprotect(Password)
Password: 保護した時のパスワードを設定します。省略できます。

Excelシート画面

■保護する前のメニュー画面
保護前のシート

スポンサーリンク



■保護した後の画面
「このブックを保護する」ボタンをクリックすると、いくつかのメニュー項目が使用不可になっています。
Windows:=Trueにしているので、最小ボタン、最大ボタンなども消えています。
保護した後のシート

Excel VBA実行コード

Option Explicit

'ボタン1のクリックイベント
Private Sub CommandButton1_Click()
    'このブックを保護します。
    ActiveWorkbook.Protect Password:="a", Structure:=True, Windows:=True
End Sub

■閉じる前に解除しています。
Option Explicit

Private Sub Workbook_BeforeClose(Cancel As Boolean)
    'このブックの保護を解除します。
    ActiveWorkbook.Unprotect Password:="a"
End Sub

Excel Tipsメニューに戻る




■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved