四捨五入をする関数 : Excel(エクセル)

ROUND関数 (ラウンド)

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサードリンク



指定した桁数で四捨五入する関数です。

構文は、ROUND(数値、桁数) になります。

桁数に正の数を指定すると、小数点以下の桁数で四捨五入されます。
785.236 を =ROUND(C13,2) で 785.24

桁数に 0 を指定すると、数値は最も近い整数で四捨五入されます。
785.236 を =ROUND(C13,0) で 785

桁数に負の数を指定すると、整数部分の指定した桁で四捨五入されます。
785.236 を =ROUND(C13,-2) で 800

スポンサードリンク



Excel関数の使用例

液晶テレビの価格から消費税を計算しています。

D7のExcel関数: =ROUND(C7*0.05,0)
D8のExcel関数: =ROUND(C8*0.05,0)
D9のExcel関数: =ROUND(C9*0.05,0)
D10のExcel関数: =ROUND(C10*0.05,0)
D11のExcel関数: =ROUND(C11*0.05,0)

液晶テレビ価格表

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサードリンク





■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


関連コンテンツ

Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved