度数分布を作成する関数 : Excel(エクセル)

FREQUENCY関数 (フリークエンシー)

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク



度数分布を作成するには、FREQUENCYを使います。
FREQUENCYは、範囲内でのデータの頻度分布を、縦方向の数値の配列として返します。
構文は、FREQUENCY(データ配列,区間配列) になります。

入力方法はちょっと特殊です。
下の画像の場合
1)F5 〜 F9 を選択します。
2)数式バーに =FREQUENCY(C5:C11,E5:E9) と入力します。
3)Ctrl キー + Shiftキー + Enterキー を入力します。
  これで自動的に、F5 〜 F9の範囲に作成できます。

スポンサーリンク



Excel関数の使用例

F5〜F9 のExcel関数
=FREQUENCY(C5:C11,E5:E9)

点数が
60点以下: 1
61〜70点以下: 2
71〜80点以下: 2
81〜90点以下: 1
91〜100点以下: 1

度数分布図

Excel Tipsメニューに戻る

スポンサーリンク





■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved