Excel VBA 入門|AddShapeメソッド:msoShapeLeftRightUpArrowで上左右の矢印の図形を作成

AddShapeメソッドの定数msoShapeLeftRightUpArrowを使用し、上左右の矢印の図形(オートシェイプ)をExcel VBAで作成します。

構文: Object.AddShape(msoShapeLeftRightUpArrow, 図形(オートシェイプ)の左位置, 上位置, 幅, 高さ)

Excel Tipsメニューに戻る


スポンサーリンク





Excel VBA コード

Sub ExMakeShape()
    Dim tshape As Shape
    
    With ActiveSheet.Range("D14:E20")
        Set tshape = ActiveSheet.Shapes.AddShape(Type:=msoShapeLeftRightUpArrow, _
        Left:=.Left, Top:=.Top, Width:=.Width, Height:=.Height)
        tshape.Name = "シェイプLeftRightUpArrow"
    End With
    Set tshape = Nothing
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
    ExMakeShape
End Sub

スポンサーリンク





Excel実行画面

上左右の矢印の図形(オートシェイプ)を作成したシート

スポンサーリンク






■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved