ExcelのIF関数をAND論理式とOR論理式を使い複数条件で使う方法

複数条件とは、AとBのどちらも満たされていれば(AND)とか、AかBのどちらかが満たされていれば(OR)などのことです。

IF関数を使うと、複数条件から判定を行うことができるので大変よく使います。

例えば、英数国理の4教科の点数が80点以上ならば合格、そうでなければ不合格に判定できます。

ここでは2つの条件をIF関数で判定するサンプルです。


Excelでよく使うフレーズのサンプルのメニューに戻る

スポンサーリンク





IF関数でAND論理式を使い複数条件を設定する

下の男女の人口表から、どちらも10万人以上ならば「1」を、そうでなければ「2」を表示するようにします。
男女の人口表

リボンの[数式]〜[論理]〜[IF]をクリックします。
リボンの[数式]〜[論理]〜[IF]をクリックする

関数の引数ダイアログボックスが開きます。
・論理式に「AND(C3>=100000,D3>=100000)」と入力します。 これで、どちらも10万人以上ならばになります。
・真の場合に「1」と入力します。 これで、どちらも10万人以上ならば「1」と表示されます。
・偽の場合に「2」と入力します。 これで、どちらも10万人以上でなければ「2」と表示されます。
[OK]ボタンをクリックし設定完了です。
関数の引数ダイアログボックス

下記の式が入力できました。
=IF(AND(C3>=100000,D3>=100000),1,2)
IF関数の式が入力できた

下のセルにコピーし設定完了です。
どちらも10万人以上ならば「1」が、そうでなければ「2」が表示されています。
どちらも10万人以上ならば「1」が、そうでなければ「2」が表示
スポンサーリンク



IF関数でOR論理式を使い複数条件を設定する

E3セルに移動し、リボンの[数式]〜[関数の挿入]をクリックします。
リボンの[数式]〜[関数の挿入]をクリックする

関数の引数が開くので、論理式のANDをORに変更します。
論理式のANDをORに変更する

これで、どちらかが10万人以上ならば「1」が、どちらも10万人未満ならば「2」が表示されています。
どちらかが10万人以上ならば「1」が、どちらも10万人未満ならば「2」が表示

Excelでよく使うフレーズのサンプルのメニューに戻る




■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved