Excel VBA 入門 ソフト開発|完成した「ランチャーソフト」の使用方法


メニューに戻る

●はじめに

このソフトは当方のサイト「Excel-Excel !」サイトの「Excelでランチャーソフトを作ってみよう」で作成したソフトです。

Excelでランチャーソフトを作ってみよう」を一部修正しています。

《修正点》
・32Bit版と64Bit版の両方で使えるように、APIの宣言を修正しました。
・32Bit版と64Bit版の両方で使えるように、カラーダイアログボックスを変更しました。

スポンサーリンク



●セキュリティの警告について

VBAを使用している為、ソフトを起動すると「セキュリティの警告」が表示される場合があります。
その場合、VBA・マクロが実行できる設定にしてください。

下画面は、Excel2013・Excel2010の開始画面です。
この場合は[コンテンツの有効化]をクリックしてください。
セキュリティの警告

●メイン画面

シート内に配置されたボタンをクリックすると、指定したアプリケーション・ファイル・WEBページが開きます。
ボタンをクリックすると、指定したアプリケーション・ファイル・WEBページが開く

●設定画面

設定したいボタンの上で右クリックすると「実行ファイルの指定」が開きます。

1.ボタンに表示する見出しを入力します。
2.ボタンに表示する見出しの色を指定します。
3.実行するファイルやURLを指定します。
 ・例えばWordを実行するには「WINWORD.EXE」を指定します。
 ・Wordで作成した文書を開くには「ファイル名.docx」を指定します。
 (Windowsでアプリケーションに関連付けされている必要があります)
 ・Excel-Excel!のWebページを開くには「http://www.excel-excel.com/」を指定します。
 (Windowsでブラウザに関連付けされている必要があります)
4.OKボタンをクリックすると、ボタンに割り当てされます。
実行ファイルの指定

フォント色ボタンをクリックすると、下の色の設定が開くので指定します。
ここで指定した色が、ボタンに表示される色になります。
色の設定

スポンサーリンク



●実行画面

Paintに設定したボタンをクリックすると、ペイントソフトが開きます。
Paintに設定したボタンをクリックするとペイントソフトが開く

Excel-Excel!に設定したボタンをクリックすると、ブラウザが起動しWebページが表示されます。
ブラウザが起動しWebページが表示

スポンサーリンク






メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved