Excelで巡回ソフトを作ってみよう

Step 2 入力値のチェック

メニューに戻る

スポンサーリンク





シート

下記のコードを追加してください。

'数値の入力値のチェック
Private Function ExNumChek(rg As String) As Boolean
    Dim ln As Long
    
    ExNumChek = False
On Error GoTo errexit
    ln = Range(rg)
    If ln >= 1 Or ln <= 100 Then
        ExNumChek = True
    End If
    Exit Function
errexit:
End Function

'開始ボタン
Private Sub CommandButton1_Click()
    If Range("D12") = "" Then
        MsgBox "巡回間隔を入力してください。"
        Exit Sub
    End If
    If ExNumChek("D12") = False Then
        MsgBox "巡回間隔は1〜100の数値を入力してください。"
        Exit Sub
    End If
    
    If Range("D13") = "" Then
        MsgBox "巡回回数を入力してください。"
        Exit Sub
    End If
    If ExNumChek("D13") = False Then
        MsgBox "巡回回数は1〜100の数値を入力してください。"
        Exit Sub
    End If
End Sub

スポンサーリンク





メイン画面

残り時間、Pauseボタン,Stopボタンを追加しています。
一時停止ボタン、停止ボタンの追加

スポンサーリンク






メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved