Excelで取引先表を作ってみよう

Step 14 「抽出」コードの作成 その6 修正ボタンのコード

メニューに戻る

スポンサーリンク





ブックコード

下のコードに変更してください。

Option Explicit

Private Sub Workbook_Open()
    Dim RecordCount As Long

    bDataChangeFlag = False
    
    RecordCount = GetRecordCout
    Sheets("メイン").Range("E3") = "( /" & RecordCount & " )"
    Sheets("メイン").Range("E3").Font.Color = vbBlack
    Sheets("メイン").Range("D3:D14") = ""End Sub

標準モジュールコード

下のコードに変更してください。

Option Explicit

'データ変更の有無
Public bDataChangeFlag As Boolean
'抽出結果の修正レコード
Public EditRecordNo As Long

抽出フォームコード

下のコードを追加してください。

'修正ボタン
Private Sub CommandButton7_Click()
    EditRecordNo = TextBox14
    Unload Me
End Sub

メインフォームコード

'抽出ボタン
Private Sub CommandButton7_Click()
    Dim srow As String
    Dim tRange As Range
    
    Frm抽出.Show
    If EditRecordNo <> 0 Then
        '1行目から検索
        Set tRange = Sheets("T取引先").Columns(1)
        Set tRange = tRange.Find(What:=EditRecordNo, LookIn:=xlValues, LookAt:=xlWhole)
        If Not tRange Is Nothing Then
            srow = tRange.Address(RowAbsolute:=False, ColumnAbsolute:=False)
            ExDataDisp srow
        End If
    End If
End Sub

スポンサーリンク





実行結果

取引先IDを2以上で抽出し、レコード移動ボタンでID:3に移動、「修正」ボタンをクリック
「修正」ボタンをクリック

取引先ID:3 のレコードが表示されます。
修正対象のレコードが表示

スポンサーリンク






メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved