ブック・シート・セルの名前 - 初心者向けexcelの使い方

Excelのブックとは、保存するファイルのことで、複数のシートが含まれるのでブックといいます。
シートとは、正式にはワークシートといい、画面に表示される1枚の表のことです。ブック内には複数のワークシートを作成できます。
セルとはワークシート内の、ひとつひとつの枠でセルには文字・計算式・関数を入力することができます。

Homeに戻る > 初心者向けexcelの使い方に戻る > ブック・シート・セルの名前

スポンサーリンク





ブック・シート・セルの名前

1: ブックの名前 下画面では Book1 と表示されています。 ファイルの[名前を付けて保存]を実行し別名で保存すると、その名前がここに表示されます。

2: シート名が表示されています。別のシートに切り替えるには他のシート名をクリックします。

3.セルの名前は、列(アルファベットで表示されている横方向) と 行(数字で表示されている縦方向)を組み合わせて呼びます。 例えば下画面の3のセルは B5 になります。


スポンサーリンク






Homeに戻る > 初心者向けexcelの使い方に戻る > ブック・シート・セルの名前

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved